アジア文化研究学会

設立趣意書

世界経済の中心的役割を担う地域が、地中海沿岸から太西洋沿岸に、そして今や太平洋沿岸に移った事とは誰の目にも明らかである。所謂、環太平洋構想は、こういった経済的要因に触発されて、現在、緊急課題となっている。具体的に言うならば、アメリカ、カナダ、オーストラリアとアジア諸国との相互関連は、世界史を動かす程に非常に重要な役割を持ってきたと言えよう。

ところで、特に、欧米キリスト教文化圏と比較した場合には、おぼろげながら、その姿を表すものの、アジア諸国の歴史と現状を見るとき、そこにはあまりに多くの相違点がある事に気付き対応に苦慮してしまう。ヨーロッパ共同体のような明確な輪郭が掴めず、誤解と偏見の虜になっているのが欧米諸国は勿論のこと世界各国の経済人ではなかろうか。

ここに創立しようとする「アジア文化研究学会」は、従来の研究機関が避けてきたアジア諸国の文化背景、特に精神文化の特徴を、総合的、体系的に明確にすることを大きな任務とし、アジア諸国の研究者が共同できる場としたい。と同時に、所謂、情報の発信、すなわち、特に欧米諸国に対してアジアを理解させる努力をしたい。

アジア諸国との交易は、今後、質・量共に増大することが予想されている時、「アジア諸国の特徴は何か」「アジアの心とは何か」を研究し発信することは重要であり、意義深いことと言えよう。

各方面の理解と協力を心より望むものである。

平成2年4月

ページの先頭へ

MENU

アジア文化フォーラム開催

「阿部総理と岸信介」
作家:大下英治先生

■日時:平成25年4月23日(火)
■会場:中央大学駿河台記念館 5階 560号室
■受付・会食:18:00より
■講演・質疑応答:18:30〜20:00
■会費:3000円
■学生:無料

詳しくはこちらから

ページの先頭へ

アジア文化フォーラム

「アジア文化研究学会」は、「アジア文化フォーラム」を通して月一回、勉強会や研修会、セミナーを通して、アジア諸国の文化や「心」を欧米諸国に発信していく場として活躍しています。過去10年、各方面の方々から様々な課題に沿っての交流の場を設けてきました。

2012年の4月に新しく設立された「国際交流フォーラム」によって、より幅の広い国際関係の理解と交流を深めていこうと努力しております。

ぜひ、一度私どものセミナーや勉強会、研修会に参加して、「国際人」としての意気込みを新たなものとしてください。

TOP Topic

アジア文化フォーラム開催










「阿部総理と岸信介」
■講師:作家大下英治 先生
■日時:平成25年4月23日(火)
■会場:中央大学駿河台記念館 5階 560号室

LinkIcon詳しくはこちら

Title

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd guber

LinkIcon詳しくはこちら

Title

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet vero

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ

LINK